空調機(エアコン)、チラーユニット(空調/生産ライン)、冷凍冷蔵、給排気設備、の修理・メンテナンス・分解洗浄(オーバーホール)、フロン法点検など空調関連機器を専門に修理・メンテナンスしています。緊急時も迅速に対応いたします。また、恒温恒湿室やクリーンルームなど省エネかつ高精度・クリーン度を追求した特殊空調システムをご提案します。

フロン排出抑制法による機器の点検のご案内

  • HOME »
  • フロン排出抑制法による機器の点検のご案内

フロン排出抑制法施行による機器点検のご案内

 2015年4月より、 フロン排出抑制法が施行され、 機器の点検が義務化されました!

2015年4月1日より「フロン排出抑制法」が施行され、第1種特定製品の管理者(対象設備の所有者様)の機器の定期検査および整備の責任が問われる時代を迎え、順法のための負担が増えてきました。
参照:環境省HP
http://www.env.go.jp/earth/ozone/cfc/law/kaisei_h27/
フロン排出抑制法ポータルサイト
http://www.env.go.jp/earth/furon/operator/isshu.html

 

furon_n

簡易点検は すべての業務用冷凍空調機器が対象です。

 

点検対象機器

第一種特定製品(冷媒としてフロン類が充填されている機器)

業務用空調機器

パッケージエアコン、ガスヒートポンプエアコン、スポットエアコン、チラーユニット、ターボ冷凍機、除湿機など

業務用冷凍・冷蔵機器

冷蔵・冷凍ユニット、コンデンシングユニット、冷凍・冷蔵庫など

 

日常的に実施するフロン類の漏えい防止として、全ての機器ユーザーに対して、使用する全ての冷凍機搭載製品について「簡易点検」を四半期に1回以上行なうよう定められています。

フロン法の簡易点検はお済ですか?

 

当社はフロンを処理する資格を持つ技術者を有しており、フロン排出抑制法に関する簡易点検・定期点検を承っています。

当社内にフロン法に関する管理事務代行組織を設置いたしましたので、お気軽にお問合せください。

簡易・定期点検、機器の修理、フロン充填回収、フロン破壊証明の申請、各種報告等

どこまで代行するのかなど、ご相談ください!

fron_tenken

点検費用のご案内

 点検種別  機器 圧縮機電動機定格出力 定期点検頻度 点検費用
 漏えい点検 空調機  7.5kW以上 50kW未満 3年に1回以上 ※1    7000円~/台 ※3
(間接法によるもの)※5
 50kW以上  1年に1回以上 ※1
 冷凍・冷蔵機器  7.5kW以上  1年に1回以上 ※1
 簡易点検 第一種特定機器全対象  – 3か月に1回 ※2  1000円~/台 ※4
(間接法によるもの)※5

※1 有資格者による点検が必要
※2 お客様ご自身で点検可能
※3 室外機1台あたりの点検費用
※4 室内機台数によってお見積りとなります。
※5 間接法による点検となります。間接法にてガス漏れの疑いが発生した場合、別途直接法調査のお見積りとなります 。

その他、点検前に現地にて機器調査・台帳作成が必要になります。
台帳作成:室外機1台 7000円~

フロン法点検の基本パックのご案内

①機器型式の調査

保有空調機の型式まで調査いたします。

②機器台帳の作成

定期点検対象機器の判別もいたします。

③簡易点検の実施

すでに点検義務が発生している簡易点検も実施いたします。

費用のお見積りなど、お気軽にお問合せください
電話・メール相談無料です!

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL : 0428-23-8264
FAX: 0428-23-8277
[ 受付時間 ]月~土 8:30 - 18:00日・祝日
10:00 - 18:00※ 年中無休

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社三省 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.