業務用パッケージエアコンには様々なタイプがあり

その空間に合うエアコンが選べるようになっています。

 

今回はその業務用パッケージエアコンの種類を見ていきます。

 

まずは、家庭用ルームエアコンのように見えるこちらから。

 

壁掛け

壁に取り付けるタイプのエアコン。

家庭用のルームエアコンのように見えるが風量は業務用。

コンパクトで据付工事も簡単。

事務所などの小規模なスペースに設置がおすすめ。

 

 

次は天井に埋め込むタイプです。

天井と一体化するので、エアコンを意識することなくインテリア重視の空間を保ちます。

 

1方向天井埋込カセット形

吹出口が1つで、部屋のコーナーなどに設置するのがおすすめ。

下がり天井にも使用でき、別の吹出口を設けて

下吹きと前吹きの2方向吹きとしても使用可能。

 

 

2方向天井埋込カセット形

吹出口が2つですっきりとした見た目。

細長い部屋や廊下などにおすすめ。

 

 

4方向天井埋込カセット形

吹出口が4つで風が部屋の隅々まで行き渡る。

業務用エアコンでは主流。

オフィスから店舗まで、幅広く使用されている。

 

 

続いては、天井内に本体を設置し、吹出口と吸込口のみ天井から露出するタイプです。

 

天井埋込ダクト形

吹出口と吸込口が本体から分離されている。

空調の存在を感じにくい為、インテリアの邪魔をしません。

 

 

ビルトイン

本体に吸込口がついており、吹出口だけをダクトで繋ぐ。

吹出口は2~4つ設置可能で、様々なタイプの空間に対応できる。

 

 

 

そして、天井から吊り下がった状態で設置するタイプです。

 

天井吊形

埋め込み不要なので据付簡単。

細長い空間などにおすすめ。

 

 

 

最後は、床に置くタイプです。

 

ゆかおき

 

省スペースで設置でき、設置やお掃除も簡単。

 

 

 

 

 

新規でエアコンを設置する場合、また古い機器を更新したい場合など

弊社ではご依頼者様とご相談しながら、最適なエアコンをご提案していきます。

 

ご相談、お問合せはお気軽にこちらからどうぞ!